Home   脱毛サロン   毛抜きによる肌トラブル

毛抜きによる肌トラブル

毛抜きを使ってムダ毛を処理する人は多いと思いますが、毛抜きを使っていると、
肌には大きな負担がかかるので、大変危険です。

では毛抜きを使用し続けていると、どんな状態になってしまうのかについて、
詳しくお話していきましょう。

・毛嚢炎

毛嚢炎とは、毛穴から無理やりムダ毛を引き抜いたために、
毛穴が傷んでしまった状態をいいます。

この状態になってしまうと、毛穴が赤く腫れてしまったり、
膿んでしまったりします。

・埋没毛

埋没毛とは、ムダ毛が上手く根元から抜けず、皮膚の下で渦を巻いて成長してしまった状態のことを言います。

埋没毛になった毛は、皮膚を突き破って出てくることがないので、
肌の表面には毛がないのに、黒い毛がぽつぽつ見えてしまうという結果になってしまいます。

これらの肌トラブルは、治るまでに1~2ヶ月もかかってしまううえに、
これといった治療法がありません。

一度なってしまうととても厄介なので、ムダ毛の処理に毛抜きを使用するのはやめましょう。

気軽に家庭で脱毛できる家庭用脱毛器ですが、このサイトが参考になります。
ケノン 買い時

Get Best Services from Our Business.